サイクルトレーラーTravoy(トラヴォイ)接続編

購入編からの続きですよ~ ( ´∀` )

前回の記事は、重いバックパックを背負っての自転車通勤がキツくてサイクルトレーラー「トラヴォイ」を購入したお話でした。

今回はやっとBD-1に接続します ( ´∀` )


コレは自転車と連結する為の器具
「Hitch(ヒッチ)」です。


スプリングのロックでトレーラー側とワンタッチ連結を実現しています。


説明書を見ると対応するシートポスト径は25~32mmだそうです。

「それ以上ならもっと長いボルトを使えばイイよ」
と書いてあります。


BD-1のシートポストは35mm (;´Д`)

他にもBD-1でトラヴォイを引いてる人は世の中に結構居る様ですが、調べてもどれ位の長さのボルトが必要なのか書いて無い (;´・ω・)

でも3mm位ならそのままでも何とかならん?


実際に付けようとしてみるとやっぱり全然長さが足りないね (;´・ω・)

でも、3mmの差でこんなに違うハズなくね? (◎_◎;)


「3mmなら何とかなる」って思ったんですが、こんな感じでR部が浮いてしまってポスト径の差以上に距離が離れたのがダメな原因だっのね (;´・ω・)


さっそく交換です ( ´∀` )

純正ボルトは長さ25mm


(何時もの)大雑把な目測で「コレくらいじゃね?」っていう長さのボルトを近所のホームセンターで購入。

M6×30mmのキャップボルトです。

どうせならと腐食防止にステンレス製ボルトを奢っていますよ~ ( ´∀` )


心配性だし、ついでなので緩み止めにワッシャーを追加しときます。

ホントはナット側に付けるモンですがね (;^ω^)
ナット無いしね ( ´∀` )


・・・( ^ω^)・・・

少し(1.5mm位)長さが足りないね (;´・ω・)

ワッシャーを抜けばギリギリOKっぽいですが、やはりワッシャーは付けたい (;^ω^)

あとギリギリは精神衛生上良くない ( ´∀` )


( ̄ー ̄)ククク

こんな事もあろうかと、
もうチョイ長いボルトも購入してたのよ~ ( ´∀` )

M6×35mmです。


コレで約3.5mm飛び出した状態で固定完了。

これ位なら本田宗一郎さんも怒るまい (* ̄- ̄)


最近の三沢は梅雨の本領発揮で霧雨の毎日 (;´Д`)

この日はようやく霧雨が晴れて(それでも曇り空ですが)試走出来そうです。


一番上のグリップを回してロックを外したらアームを伸ばします。


コレがアームの先端の取り付け部分。

フレックスコネクターって言うみたい。

ある程度しなる材質です。


チョイとサドルバッグが邪魔ですが、少し浮かせてヒッチにハメます。

この時大事なのがヒッチの取り付け位置(高さ)

ヒッチのピンとバー先端の取り付け部がスムーズにハマる高さに合わせると付け外しがラクですよ。


接続するバーが(なるべく)地面と水平に近くすると接続がスムーズです。

この高さが足りず、アーム先端に無理が掛かってしまっている人が多いそうなんですが、砂井んはムダにデカイ人なのでこの変は問題ありません ( ´∀` )


ネットで見つけたこの写真にはヒッチの取り付け位置(高さ)は、地面から80~96cmとなっています。


砂井さんの取り付け位置は82cm
適正範囲の中間付近の高さかと思ったら、随分下限に近いね (;’∀’)

コレより低くても高くてもスムーズには付け外し出来ないと思うんですよ (;´・ω・)

もちろんしなって接続されるのも許容内なんでしょうが、精神衛生上も可能なら要らぬ負荷は掛けたくないですよね? (;^ω^)


(2018.7.29追記)

正規のマニュアルを見つけました。
それには地上から71~86cmとなっています。

前の画像より約10cm下がっていますね。

バーレー製品のマニュアルはコチラ


この接続部分はピン1本で繋がっているんですが、アーム先端の方の材質は”硬いゴム”というか”柔らかい樹脂”というか、よく分からんモノで出来ています (;´∀`)


構造的にフリーに動くのは左右のスイング方向のみ。

上下と回転方向へは先端部がしなる事によって対応しています。


試しに段差に乗り上げてみます。


結構しなりますが全然許容内。
カーブを曲がって自転車が傾いている時も同様の動きなハズなんで当然か (* ̄- ̄)

あえてフリーな動きにしないのはしなりの復元力で横転も予防出来るから?

そう言えば、ヒッチがボール形状になっていて可動域の自由度が高いドッ〇ルギャンガーのパチモノは段差とかで横転するらしい (;´∀`)

試しにタイヤの空気圧は上限の35psi入れて、空荷時と約10kg程積載した状態で3cmの段差に時速20kmで突っ込んでも横転はしませんでした。

それ以上の速度ではヤバそうですが (;´・ω・)


ふと思ったんですが (* ̄- ̄)

取り付け位置の問題ですよ、
コレってこの部分が上下方向のみにスイングする構造なら万事解決しない? (;´・ω・)

回転方向へはしなる構造のままで。

・・・( ^ω^)・・・

なんかヒンジ部を加工して追加出来そうな気がする。


まぁ、とりあえずこの状態で通勤してみました。

ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

まぁ、走りは重いね (;´・ω・)

時速20kmを超えたくらいから走りの重さを感じます。

残念ながら走りの軽快感は結構スポイルされてしまいますね (;´Д`)

「平地なら何の違和感もない」って書いてあるブログも複数有りましたが、その筆者はあまり巡航スピードとか爽快感とかを気にする人ではないのかな?、と思います。

少なくとも私はロードバイクにコレを付けようとは思いませんね (;´∀`)オモクテ

上りは傾斜と荷物の重量にもよりますがギア1.5枚分重い感じ (;´Д`)

しかし低速域(20km/h以下)なら確かに違和感は少ないので「トラヴォイ君外れてない?」って不安になる程の安定感です ( ´∀` )
走行音もかなり静かです。

私が普段積む荷物は7kg程度なんですが、コレ位ならダンシングしても思ったより違和感は少ないと思います (*’-‘)b
(BD-1自体のダンシングには違和感ありますけどね (・_・;))

もちろん巡航速度の低下を許容出来るならですが、総合的な感触(評価)は悪くありません。

もともとスピードを追及する人は選択しないモノですからね ( ̄- ̄)


何より出勤したらサッと外して、


ゴロゴロ引っ張って歩けるのが便利ですね。

それがしたくてノマドではなく、このトラヴォイにしたんですケドね ( ̄ー ̄)ニヤリ


でも今の職場には「階段」という難所があるのです。

トラヴォイは縦長なんで持ち上げて運びにくいのよ (;´・ω・)


ソイツもですね、この様に本体を半分に畳んでから持ち上げてみると思った以上に持ちやすくなって解決したのです c( ̄▽ ̄)

上バッグが上下逆さになっちゃうのがタマに傷ですが、IDとか財布とか軽量な貴重品しか入れないので大丈夫 (* ̄∇ ̄)/

暫くはこのまま自転車通勤三昧ですよ~ ( ´∀` )

わざわざ遠回りしちゃうのよ~ ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

あとは通り過ぎる人の2/3が振り返るくらい目立つのが問題か (;´・ω・)

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*