トラヴォイの角度調整(試作版)

タイヤが少し大径化したトラヴォイ君

通勤に使っている
バーレー製サイクルトレーラーTravoy(トラヴォイ)

非常に便利です ♪(* ̄ー ̄)v

いわゆる「リアカー」と同じ分類なんですが、スタイリッシュで非常に目立ちます。

すれ違う人から結構ガン見されますよ (◎_◎)

このトラヴォイ、
使用状況には満足しているんですが問題が一つ (;´・ω・)


タイヤを0.5インチほど径の大きいビッグアップルに交換したので大径化し、その分後方に傾きが大きくなってしまったのです。


家と職場では壁際に置いているんですが、手前側(通路や部屋側)に本体が傾いたので結構「邪魔じゃね?コレ」がUP⤴しました (;´・ω・)


コレ、戻せねぇ? (;´・ω・)

タイヤの外径を純正と同じ1.75インチにするのも選択肢ですが、ビッグアップルより良いと思うタイヤが無い (;´Д`)

12インチタイヤは選択肢が少ないんですよね。

タイヤ以外で角度に影響しているのはこの小さい足

折りたたみ可能なアルミ製のパイプです。


コイツをもっと長く出来ればイイんじゃね? ( ̄ー ̄)


さっそく工作開始です。

作業テーブルの上に裏返して置いてみる。

先端のキャップは+ネジで固定ですが、根本はまさかのリベット留めです (;´・ω・)

上部は回転して折りたたむ構造なんであえてのリベットなのか?

他のトコもリベットだったケド (;^ω^)


こんなアルミ製リベットなんかサクッとドリルで抜きます。

反対側のリベットの頭を共回りしない様にバイスで固定してますよ。


ギュイーン (`・ω・´)


ハイ、抜けました ( ´∀` )

やっぱアルミリベットは柔らかいね。


抜いたリベットの径は4mm。

同サイズのボルトを用意します。


バラシ完了 (`・ω・´)

交換作業に入りますよ ( ´∀` )


この為に予め買っておいたアルミパイプの径は15mmです。

実測値は14.9mm?
まぁ、コレくらいなら誤差か? (;´・ω・)


オリジナルのパイプは16.1mm

 

・・・( ^ω^)・・・

 

16.1mm?(;´・ω・)

 

サイズ間違えたね? (゚Д゚;)

やっぱ酔っている時にスケールで適当に測るとダメね (;´Д`)


コレは”試作品”って事にして続行 (;^ω^)

オリジナルのパイプと同じ位置に4mmの穴を開けます。

反対側は3mmくらいの穴。
試作品なんでテキトーです (* ̄- ̄)

あ、パイプの長さを測るの忘れた (;´・ω・)
オリジナルから16mm程延長した長さで切断したハズ。

長めに設定して後から調整する予定なんで。


ダイヤモンドヤスリでバリ取り。

バリがあっても問題無い場所なんですが、精神衛生上ね (* ̄- ̄)


↑今回の苦肉の策。

アルミテープを巻いて細さをカバーするのです (;^ω^)


オリジナルのパイプと同じ径にします。


ボルト穴をカッターで切り取ります。

アルミテープなんで柔らかい。


カンペキ ( ̄ー ̄)ニヤリ


反対側のキャップ部はタッピングネジなんでアルミテープには切れ目を入れるくらいでイイかな?


イイ締め具合です。

締め過ぎ注意です (* ̄- ̄)


ホームセンターで買ってきたボルト。

M4×30mmで丁度いい長さでした。

緩み止めにナイロンナットが欲しかったんですが近所には売ってなかった (;´Д`)

締める相手側が樹脂なんで高いトルクを掛けられません。
セルフロックナットを推奨しますよ ( ̄ー ̄)

今回はネジロック剤でカバーですケドね。


接触面積を増やして樹脂への圧力を少しでも分散する為に座金も入れます。

締め過ぎると樹脂部が変形するので注意。

この足の部分はロックしても構造上プラプラするので、アルミテープの厚さを僅かに細くして関節部の締め付け具合を強くすると動きを固く出来ます。
ちょっとだけよ? ( ´∀` )

しつこいですが、ナットに高いトルクを掛けられないのでネジロック剤は必須です (`・ω・´)


作業完了です。

ブラックのパイプがカスタム感ある? ( ´∀` )


もちろん折りたたみ機構も可動します。

ぶっちゃけトラヴォイ運用期間は畳む事は無いんですけどね ( ´∀` )


おおっ! w( ̄o ̄)w

大分壁に寄ったね ( ´∀` )

えっ?分かりにくい?


比較画像。
写真ではそんなに差がない様に見えますが、横を通る時に本体の邪魔さ加減が大分違います。

逆にオリジナルの状態より僅かに背面に傾きましたが丁度い感じです。

パイプをこれ以上長くすると空荷状態ではひっくり返るのでコレが限界です。

 

また完成度を上げてしまった (* ̄- ̄)

 

最初に「コレくらいじゃね?」って適当に切断したパイプの長さが、たまたまピッタリだったのはナイショだ!

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*