キャリーミーのハブをグリスアップ

ハブの注油です

キャリーミーのハブは普通の工業用カセットベアリングです。

あまり性能は良くないらしいので開けてみます。

フロントはクイックの代わりのボルトを緩めると抜けますが、ホイール自体はタイヤの空気を抜かないとブレーキに引っ掛かって外れません。


早速外したホイールを触診。

ハブ軸を手で回すと”ゴリゴリ”いってます。

見なくてもベアリングの状態が分かります (;´Д`)


ダブルナットを17mmスパナで外し、ベアリングのシールを傷つけない様にカッターで外します。

ベアリングにはイケてなさそうなグリスが少量塗ってあります。

グリスの品質は分かりませんが、量が全然足りない。


ディグリーザーでグリスを溶かしたら、シマノのデュラグリスへと塗り直し。

塗ってる写真が無いのは、グリス系の作業してると手がヨゴレるんで撮れないからです (;´・ω・)


続いて後輪。

チェーンテンショナーを緩めてチェーンを外します。

このテンショナーの構造、キライ (* ̄- ̄)


外した後輪のドラムブレーキ。

効きはスゴイ ( ´∀` )

むしろ危ない領域なんですが、メーカーもブレーキワイヤーにパワーモジュレーターを付けて効きをマイルドにしてますね。

個人的にはフロントブレーキもコレがヨカッタ。
前転の可能性が有りますが、セッティングで何とか出来るレベルだと思うし。

ノーマルのフロントブレーキが効かないのよ (;´・ω・)


フリーの爪もオイルっ気なし!だったのでシマノのハブグリスぶち込み (*`д´)b

フリー側のベアリングは手持ちの工具では外せないし、コレだけシールベアリングじゃなくてシールドベアリングなんで、構造上ハブグリスが中に入りそうだね? (;´・ω・)


フリー側は諦めて、反対側のみ洗浄&グリスアップ~。


タイヤとチューブの状態を確認するために外したんです。

そしたらこの8インチタイヤ、
スッゲーはめにくい (;´Д`)

そこでMTBチューブレスタイヤ用のタイヤレバーを使ったんですが、コレが正解。

とても楽にはめられましたよ (´ε`*)


最後に空気入れて完了。

でも空気も入れにくい (;´・ω・)

キャリーミーのチューブは米式バルブなのに、砂井家には米式に対応するフロアポンプが無い。

それでコレマタMTBサスペンション用のポンプ使ってます。

時間は掛かりますがネジ式で繋ぎやすいのです。

ポンピング一回の量は少ないんですが、その分軽く操作出来て手でも楽勝。

更にゲージも付いていてしっかり80PSIまで入れられます (´ε`*)

 

注油後の回転性能?

体感できる変化は無いですよ? (ヾノ・∀・`)ナイナイ

通常ホイールの小さいミニベロは、ハブの回転数が高いのでハブベアリングの性能差が700cのロードバイクより大きいんです。

しかしキャリーミーではハブベアリングより、8インチタイヤの走行抵抗の方が遥かに大きいので効果も感じにくいと予想。

ま、メカニックとしての気分ですよ。
注油したの ( ´∀` )

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*