キャリーミーのメンテ

ハブの注油です

キャリーミーのハブはフツーの工業用カセットベアリングです。
あまり性能は良くないらしいので開けてみます。

フロントはクイックの代わりのボルトを緩めると外れますが、
タイヤの空気を抜かないとブレーキに引っ掛かって外れません


手で触ると”ゴリゴリ”いってます (;´・ω・)


ダブルナットを17mmオープンで外し、ベアリングのシールをカッターなんかで外します。
イケてなさそうなグリスが少量塗ってありますが、全然足りませんね。


ディグリーザーでグリスを溶かしたら、シマノのデュラグリスへと塗り直し。


続いて後輪。
チェーンテンショナーを緩めてチェーンを外します。


外した後輪のドラムブレーキ。
車と同じ構造ですね。効きはスゴイですよ。


フリーの爪もオイルっ気なし!だったのでシマノのハブグリスぶち込み (*`д´)b

フリー側のベアリングは手持ちの工具では外せないし、コレだけシールベアリングじゃなくてシールドベアリングなんで、構造上ハブグリスが中に入りそう (;´・ω・)


フリー側は諦めて、反対側のみ洗浄&グリスアップ ( ´∀` )


タイヤとチューブの状態を確認するために一度外したんですが、

この8インチタイヤ、
スッゲーはめにくい (;´・ω・)

そこでMTBチューブレスタイヤ用のタイヤレバーを使ったんですが、とても楽にはめられました (´ε`*)


最後に空気入れて完了。

でも空気も入れにくい (;´・ω・)

キャリーミーのチューブは米式バルブなので、
これまたMTBサスペンション用のポンプ使ってます。

ネジ式で繋ぎやすいのです。
ポンピング一回の量は少ないんですが、その分軽く操作出来て手でも楽勝。
更にゲージも付いていて、しっかり80PSIまで入れれます (´ε`*)

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*