キャリーミー、まだやるの?

今回はグリップとシートポスト交換です~ (・ω・o)

エルゴンのGP1-S、小さい方です c( ̄▽ ̄)

前回付けたスゲー小さいの、捨てました (・ε・。)


値段が高いんで最初は購入候補じゃなかったんですが、
パチモンはベタベタしてくるのもあるしね。
まぁ、サイズは切断して合わせる事にしたんでね (;´・ω・)


実際、BD-1のパチモンはすぐ黒くなって手垢も付くしね。

今回はグリップの外側固定式が必須なのよ ( ̄▽ ̄)δ


まず、ぱっと見でも判るサイズの違い。
およそ10mm長い。

ハンドルの有効長はおよそ110mm。
エルゴンが120mmなんでね ( ´∀` )


ブレーキレバーを内側にズラして調整するのも、
ハンドルのR部が邪魔なのよ。

ライトホルダー付けるんでこれ以上内側に出来ないのよね (;´・ω・)


そんで、グリップの内側をバッサリ (;´・ω・)

まぁ、最初から切断でサイズ合わせする気だったんで(*`д´)b OK!
(切り口汚いのはご勘弁(;´・ω・))


ほら、ピッタシ ♪(* ̄∇ ̄)/


取付け。ネジ式はカンタンでいいなぁ( ´∀` )
トルクは5N・m

内側切るから外側固定が必要だったのよ ( ・Θ・)


今回はまだ終わらないのよ(;´・ω・)

前に保留してたコレ↑行きます (`д´ )ゞ

トムソン・エリートのシートポストです!


ちょっと長いんで、ゴリゴリ切る。

さすがMTBで絶大な信頼性を誇る”トムソン”
7000番台のアルミ合金ですよ。

エアガンのアルミとは違うぜ!
スッゲー硬くてツライぜ!(;´Д`)


ソーガイド等の冶具を使わなくても真っ直ぐ切れました( ´∀` )

断面は荷重の掛かる前後が肉厚な楕円構造です。


長さよし!(。・x・)ゞ


続いて折り畳み時に使うフック?を移設します。


3.5mmの穴を開けます。
ハンドドリルでやる時は、ズレるの防止に2mm位の小さい穴を先に開けるのが砂井流。


4mmでタップ切り (`・ω・´)キリ


ネジを通してみる。
(*`д´)b OK!

ネジロック多めに付けてやった ( ´∀` )


動作確認ですよ~( ´∀` )


もちろん、しっかり機能します (゚∇^d)


もう一回重さ測るかな c( ̄▽ ̄)

純正は397g


トムソンは225g

( ̄ー ̄)ニヤリ


どーよ?( ̄▽ ̄)δ


グリップも手触りよし! d(⌒ー⌒)


ポストもシックに決まってるね ( ̄ε ̄〃)b


このカスタム後にバネ秤で重量を測ると、
8.58kgでした。

メーカー公称値が8.5kgなんで少し重くなってますね (;´・ω・)

もうそんなに重量は気にしないので最初の状態の重さを測ってなかったんですが、
”カタログ値より重い”なんて日常茶飯事だしね。

純正より重いパーツはグリップと92Tチェーンリングですが、
シートポストで相殺出来る程度の差。
キャリパーとブレーキレバー分はドコ行った?

この自転車界隈の人は、重量を気にする人が多いんですが、
雑誌とかでもメーカー公称値だけで、
実際に重さを実測値で測るのって個人ブログくらい?ですからね ( ´∀` )

察してあげて~ (・ω・)


それより、

やっぱエルゴングリップいいわぁ~ ♪(* ̄∇ ̄)/

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*