Zwiftを試す為のアイテム

とりあえず、試走してから購入を考えます。

巷で「Zwift」流行ってますね。

”Zwift(ズイフト)とは、室内のローラー台で走行したデータをPCやiOSデバイスで受信し、オンライン上の仮想空間で世界中の人とサイクリングやレースをする事が出来るバーチャル・サイクリング・トレーナーです”

最近はいくら何でもデブり過ぎ&ローラー台は精神的に辛すぎ、って事でトレーニングを本格的に再開するのとモチベーションを維持する為にZwiftを試すことに ( ゚3゚)ノ

トピークのケイデンススピードセンサーです。
バイクとローラー台を所有していれば、とりあえずコレだけで安価にZwiftを試す事が出来ます。

ZwiftにはPC版とiOS版が有るんですが、

①出先でもiPhoneで出来る
②セットアップが簡単そう
③長時間プレイしても室温が上がらない(笑)
④電気代が安い

という理由でiOS版であるiPadでやろうと決断したんです。
しかし、私の持ってるガーミンのセンサーはANT+のみのためiPadで認識出来ません。

トピークのこのセンサーはANT+とBluetooth smart(BLE 4.0)の信号を同時に出せるのです。

コレでiPadとガーミンedge510に両方使えるようになりました。


今まで頑張ってくれたガーミン純正のセンサーを外します。


今日の主役、トピークのDuoband Speed & Cadence Sensorです。

飛び出ているのはスピードセンサー。

既存のセンサーには無いカタチですな ( ̄  ̄)


裏面です。
バッテリーはCR2032でランタイムは900時間です。


購入前にも悩んだんですが、この様にバッテリーの蓋が裏に有るので電池交換毎にセンサーを外さないとイケないアホ仕様 (;´・ω・)

設計者呼んでこい状態ですが、価格と通販の発送状況からコレにしたのです。


早速フレームに付けてみます。

赤〇はスピードセンサー用のホイールマグネットです。


この様にセンサーを出します。

ガーミンはこの調整がネジだった為、ホイール交換時にドライバーが必要でしたがコレは手でOK (*`д´)b


 

ココで少しトラブルが (;´・ω・)

iPadでセンサーを認識しません。

イロイロ調べたら、先にiPhoneの方へ勝手にペアリングしていました。
Bluetoothは基本的に1対1接続ですからね。
iPhoneに持っていかれたら他のデバイスには接続出来ません。

iPhone側にペアリングしないように設定したいんですけど出来ません (;´Д`)
Zwiftを立ち上げる前にiPhoneのBluetoothを切らないとイケない仕様に (;・∀・)


ローラー台はミノウラの「マグテックス・ツイン」です。

Zwiftではクラシックトレーナーとして認識します。
自動負荷ではないし、パワー測定も計算値で誤差も多いんですがお試しなんで。


砂井さんローラー仕様 ( ̄▽ ̄)δ

ホイールは鉄下駄ことシマノRC20。
ローラー台用ホイールとしてはコスパ最高です。


無料体験版でちょっと走ってきます。


ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

ゼーバーゼーハー┌(;*´Д`)ノ

いや、コレ面白ですね (≧∇≦)b

今まではローラー台でインターバルトレーニング等をしていましたが、そんなに自分をストイックに追い込めませんでした

コレはイロイロな区間でタイムアタックやレースも有って、タイムや順位がすぐに見えるますし、ライバルも周りを走っている為手も抜けず、無意識に追い込めます

明日課金しよう ♪(* ̄∇ ̄)/

でも2017.12.2現在、
1ヵ月の課金10$はAPPストア1500円で高い (;´Д`)

その内スマートトレーナーも買いそう (;´・ω・)

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*