Tacx NEO Smartの覚え書き

ちょっと整理してみた。

はーい ( ´ ▽ ` )ノ
今日も元気にZwiftしてますよ~

最近はZwiftネタばかりですね (;´・ω・)


Tacx NEO Smartはホント( ・∀・)イイ!!ですよ~

目を三角にして乗ってるガチな人だけじゃなく、私の様なユル~いホビーレーサーでも十分価値があると思います。

今回はこのNEO Smartの話。


自転車を使った室内トレーニング機材には幾つか種類が有ります。

①固定ローラー

一番メジャーなヤツです。
後輪に負荷をかける為のローラーが付いています。

この中でも固定式と自重式、リムドライブなんかありますが、割愛 (*゚ー゚)>


②三本ローラー

競輪選手ご用達の一品。
ペダリングスキルのアップに効果的との事ですが乗れない人多数 (;´・ω・)
砂井さんは乗れますが、片手運転とかムリなんで汗を拭いたりも出来ません。

あと、爆音 ( ̄▽ ̄;)


③ダイレクトドライブ式

最近の新しいモデル。
後輪の代わりにこの様な負荷マシンを回します。

NEO Smartもこの分類ですね。

”タイヤで回す部分が無いので低騒音”と言いますが結構煩いモデル多数。
よく考えたらフライホイールを回す為の構造は有るんだからそんなに低騒音な訳ないよね (;´・ω・)


ローラー台は実走感を高める為に、
フライホイールの重量を重く回転数も高くして慣性力を上げています

この為、騒音や振動などが発生しやすいのです。


NEOが唯一無二のトコ (`・ω・´)

NEO Smartではフライホイールを廃止し、代わりにモーターを駆動させて空転を再現しています。

車軸に直接モーターが付いているんですね。

このおかげで、
●負荷の変更が早い
●路面状況による振動等の再現が可能
●構造がシンプルに出来て耐久性が高い(ハズ(;´・ω・))
●騒音発生部が少ない為、静音
●下りでは勝手に走っていくのを再現出来る
というメリットが有る一方、

○モーターによる疑似フライホイールの回転に違和感がある
というデメリットが有るらしく、人によっては我慢出来ないと感じるレベルだとか (;´・ω・)

確かにペダルをゆっくり回すと、
いかにもモーター回してます的な感触がありますね。

私は気になりませんケドね ( ´∀` )


あと、自動負荷のスマートトレーナー全般にですが、実走のように頻繁にシフトチェンジする為に、

「室内ではシフトの音って凄く煩いんですね」

って事に気が付けるくらい煩いです (;´・ω・)

シフトアップの「ガッキン!」と
シフトダウンの「ゴリ!」て音は密閉された室内だとかなり大きく感じますね。
アウター×ローでチェーンラインをねじった時のゴリゴリ音もスゴイ ( ̄▽ ̄;)

NEO本体は騒音の発生が少ないので余計にシフトの音が目立つというのも有ると思います。


ダンシング(立ち漕ぎ)

ダンシングに対応する為、フレームを「左右に振れる」って売り文句も有るようですが、左右の動きを吸収するなんか特別な機構が有るのではなく、ただ薄い本体がしなっているだけに見えます (;´・ω・)

”自然にバイクを左右に振れる”には程遠いモノですが、固定式のローラーよりは左右にグラグラします。

まぁ、私はローラー台におけるカーボンフレームの破損は都市伝説と同義だと思ってますんで、どーでもイイんですケドね ( ´∀` )

そもそも後ろ固定されてるのにアホみたいに振っちゃダメでしょ (;´・ω・)


電源ONでペアリング完了しています。

左の青いLEDはBluetooth接続OK
真ん中の緑のLEDはANT+接続OK
右の赤いLEDは電源ONです。


自家発電

NEO Smartはコンセントに繋げなくても、ペダルを回した時のエネルギーで自家発電して動作可能です。

しかし、その際はペダルを止めると疑似フライホイールも直ぐに止まってしまい、再度漕ぎ出す時に重くなって違和感があります。

また海外の人のブログには”使用後すぐに電源を切ると熱で配線が焼損するかもYO!?”なんて報告も有るようなので、可能な限りコンセントに繋ぐことをお勧めします。


ついでに消費電力を測ってみました。

電源ONで何もしていない状態です。
小型ファンも回ったりしますが6~7W(ワット)です。

意外に結構使ってますね (´・ω・)


面白いのはペダルを回しているプレイ中。
0W(ワット)です。

作動に必要な電力は自家発電で賄っているので外部電力を使用しないんですね (´∀`)


予想通りですが、下り坂で足を止めて空走しているとフライホイールを空回させるので一番電力を使っています。

消費電力は下り勾配が強くてスピードが速い程多いです。
写真は-8%の下りで32W
速度を上げたりして色々試したんですが最大でも40Wは超えないカンジ。

NEO Smartの下り再現は-5%までなので、恐らくこれ以上は増えないと思います。


その他、設定

NEO専用の設定ですが、
一番下の「路面感触」のON/OFFが出来ます。

木の板の”コツコツ”や石畳の”ガタガタ”の再現はココでOFFに出来ます。
ストイックに集中したい人はOFFですかね?
私は実走感を求めてONですよ o(^^o)

前回も書きましたが振動はモーター駆動で再現していますのでペダルにトルクを掛けてないと感じません。

ネットを見ると”勾配のキツイ状態で負荷がスカっと抜ける”と言っている人が一定数居ました。
負荷の重い時にグッとトルクを掛けると確かにスリップしたような感触がありますね。
「Tacx utility」のテストで負荷100%にして試しても同じ感触が有るんで、そういう仕様なんですかね?(;´・ω・)

アップデートで何とかならん?(;´Д`)


負荷の強さの設定です。

Zwiftの仕様で標準は50%になっていますが、
現実に近いのは100%らしいんで私も頑張ってMAXにしてます (´・ω・`)ノ

お陰様で坂でヘロヘロです (;´Д`)


赤〇のイナズマアイコンがパワーメーターの証。

NEO Smartは精度の高いパワー測定(±2%)が可能です。

まぁ、人様と競う程の実力は無いし、相対値が出れば十分トレーニングの指標になるんであまり精度は関係無いんですケドね ( ̄▽ ̄;)

 

あとは、
高価なモノなんで壊れませんよーに (;´Д`)

Tacx故障率高いのよ (;´・ω・)

 

4 Comments

  1. 私もneo smart を購入したんですが、ホイール部分から金属が擦れるような音が出ています。分解してグリスをぬろうとおもってるのですが分解して問題なかったでしょうか…
    教えていただけたら幸いです。

    • ひんきゃくさん、
      拙いブログを見て頂いて有難うございます。

      ひんきゃくさんの症状が分からないのですが、個人的に気になるのは
      ご質問の音はトレーナー本体から発生していますか?
      また、手で回しても違和感or異音はありますか?
      という部分ですが、

      NEOはフライホイールも持たない為比較的簡単な構造ではあるものの、高価なモノですから安易に分解はオススメ出来ません。
      不具合なら販売店に修理の依頼を出されてはいかがでしょうか?

      問題解決のお役に立てず申し訳ありません。

  2. 初めまして。横からすみません。
    私もNEO持ちなのですが、ひんきゃくさんの症状は以下の様なものでしょうか?

    https://youtu.be/x1YeJVST8c8
    (オーストラリアのShane Millerという方で、色々なトレーナーのレビューを投稿されています。)

    同じでしたらホイール部の浮き具合で調整できるかもしれませんね。

    砂井さん
    こちらの記事、NEO購入の参考にさせていただきました!
    Zwiftで見つけたらRide on!しますね♪

    • にんにんさん、はじめまして。
      こんなブログでも参考にして頂いて有難うございます。

      動画を見るとモーターハウジング内での部品の接触の様ですね。
      分かりやすいです。
      分解に専用工具が必要なようですが、ハウジングを引っ張る事が出来れば良いので代替品で何とか出来そうです。
      私も参考になりました。
      ひんきゃくさんの症状も同じなら、ハウジングを外して接触部を特定出来れば直せそうですね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*