NEO Smartのフリーもグリスアップ

BD-1のハブをグリスアップしたついでなのよ。

砂井さんはもうコイツ無しでは生きられない ( ´∀` )

きっと歴史に残るZwiftの名作ローラー
TACX NEO Smartです。

これサイコ~です (* ̄∇ ̄)/

2017年12月に購入したばかりなんで本来はまだ早いんですが、BD-1をメンテした「ついで」というか構造も気になったんでハブのグリスアップです (・・。)ゞ


NEO本体の左側です。

車軸は回転しないのでフレームを固定する為のアタッチメントとなっています。

エンド幅130mmと135mmに対応するために黒い車軸部分は長さが2種類あって交換可能 (`・ω・´)


車軸側が固定されているので、通常必要な回り止め用工具は必要ありません。

6角アレン1本で簡単に緩みます ( ´∀` )


ホントに簡単に取れました。

ほとんどトルクも掛かってませんでした (;´・ω・)
左側と同じ構造なんですね。


フリーも「スコッ」と簡単に外れます。

繰り返しになりますが、
このNEO Smartは車軸は完全に固定されているので回転するのはフリーとモーターハウジングだけです。

この構造だとWahooのKICKR climbみたいなフレームが上下に動くオプションが付けられませんね (;´・ω・)

TACXならいずれ同じ様なモノを出してくれると思うんですが、この部分は部品交換等の改修が必要になるハズ (・_・;)

なってもイイから出して~ ( ´∀` )


話を戻しますよ (;´・ω・)

見るとやはりほとんど汚れてませんね ( ´∀` )

標準のグリスは何でしょう?
グリスとオイルが混ざった様な感じですな。


見えないですが、コッチも汚れてない。

軽くウエスで拭くだけにしよう。


もちろんシマノのハブグリスです (`・ω・´)


相変わらずベッチョリ塗るのよ ( ´∀` )


コッチは薄く塗りました。

ベアリングに付かないようにね。


空転方向に回しながら軽く押すと「スコッ」と簡単に入ります。

力技はダメよ~ ( ´∀` )


クイックも付けて完了です (`・ω・´)

普通のホイールより10倍簡単でしたね c( ̄▽ ̄)
メンテのタイミングも全然早かったんですが、構造の勉強も兼ねてなんでね。

今回の分解で見る限り防水防塵機能が無いんですが、室内モデルなんで当然か ( ´∀` )

その他は通常のフリーと同じ構造なんでメンテの頻度も同じで良いと思います。

いや、室内仕様というのを考慮するともっと長くて良いかも (* ̄∇ ̄)/

専用オイルしか使えないマヴィックのフリーよりメンテ頻度は全然長くて大丈夫そうですね (>▽<)b

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*