長岡ラーメンの盟主「青島食堂」曲新町店です

長岡って言ったら生姜醬油ラーメン

その礎を築いた名店「青島食堂」です。

近くに宮内駅前店や曙店もありますね。

東京の秋葉原にも出店していて大人気だとか。

せっかく新潟に帰省するなら地元のラーメンを貪るのは外せないでしょう。

この日は1月2日なんですが開店前から半端ない行列です。
新年早々ようやりますね、この人ら。

アタシもですが (;´・ω・)

このお店はいつも混んでるのが欠点です。

でも砂井さんは3番目に並べてラッキー ( ´∀` )


いつからか食券機になっていました。

”ラーメン”と”チャーシュー麺”しか無いですよ。

麺とトッピングの量を追加出来る仕様です。


店内はカウンター席とテーブル席。

そんなに広くはないですね。


目の前でチャーシューを切っています。

この人はずーっとチャーシューを切っています。

コレだけ単品で売ってくれんかな?


青島食堂って言ったらこの大鍋。

数人分の麺を一度に入れて茹でます。

太平洋の大海原で自由に泳ぐマグロが美味い様に、大鍋で泳がせるから麺が美味いのか?

そこから人数分を正確に取り分けるんですが、見ていて子気味良い職人技です。


青島チャーシュー麺大盛り 950円
さらにチャーシュー追加100円

つまりダブルチャーシューです ( ̄ー ̄)


「青島」って言ったら「麺」です。

中太麺ですが強いコシがあって美味しい。

いくらでも食えるわ~ ( ´∀` )


コレもこの辺りでは名物というか、もはや標準化した感じのチャーシュー。

脂っこくなく、赤身がしっかりしているタイプの肉ですが、薄切りにする事で食べやすくアッサリしたスープにも合いますね。

なんぼでも食えるわ~ ( ´∀` )


青島ラーメン最大の特徴である生姜醬油のスープ。

すでに長岡ラーメンの代名詞となっています。

結構薄味なんですがクセになる奥の深い味わい。

青島のラーメンを食べると、「ラーメンの標準はやはり醬油なんだな!」とハッキリ断言出来ますね。

いくらでも飲めるわ~ ( ´∀` )


奥さん用に注文した
青島チャーシュー900円+チャーシュー追加100円

ダブルチャーシュー再びです。

「いくら食べてもチャーシューが減らない」とか、
「麺を食べた記憶が無い」と嬉しそう?でした。


帰ろうとすると行列がスゴイ事に (;´・ω・)

もちろん店の外まで続いてます。

次はどの店に行こうかな?


営業時間:11:00~20:00

定休日:木曜日

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*