青森の二郎系?「麺屋一代」

いわゆる二郎インスパイアですね ( ´∀` )

三沢から十和田へ向かう途中の六戸町にあるお店。
目印はローソンとバッティングセンター、そしてこのデカイ看板です (*^^*)

駐車場は広いんですが、ドコに停めればいいのか不明 (;・∀・)

金太郎系列のお店ですよ~ ( ´∀` )


お店の全周にメニューが (*´∇`*)
名前は「一代」ですが、店長は二代目だそう ( ̄。 ̄)

「自家製麺!そりゃうまいだろ!」

って書いてありますが、
「そんなの分からんだろ!」ってマジツッコミ入れときます (-ω-;)


店内はL字型のカウンター席と、


座敷が2席、


あとテーブル席です。
他の口コミとか見ると「店内が狭い!」って書き込みをよく見るんですが、
別にフツーじゃね?(;´・ω・)


食券方式、最近このタイプ増えましたねぇ。
これ、後ろに並ばれてたりするとゆっくり選べないから好きじゃないんですよね。

客が多くてメニューの少ないお店ならいいんですけどね ( ̄ω ̄;)


開店直後に入ったんで一日限定5食
「プレミアム・シャモロック醤油」チャーシュー増し、大盛(無料)です。

ゴージャスなネーミングと”限定”に惹かれました ( ´∀` )


青森の地鶏、シャモロック出汁の醤油スープははほんのり甘みのあるアッサリ系。
ノーマルのシャモロック醤油ラーメンを食べた事ないので違いは不明です (;´・ω・)

もちろん短命県なんで塩分は多めですよ (*゚∀゚)

ってか、ラーメンぬるくね?(`Д´) 

エアコンの正面に座っちゃって、冷風直撃だったからか?


麺は中細麺、コシは少なく柔らかめですね。


コレがシャモロックかな?
コリコリ硬めの歯ごたえは好きなんですが、出汁を出し切ったのか味が薄い?
こーゆーのは焼き鳥にすると美味そう c( ̄▽ ̄)


チャーシューは柔らかくて味が濃いですね。
箸でつまむと千切れます。


ラーメンは大盛でしたが、量的には物足りない (;´・ω・)
そんな訳で「ねぎチャーシュー丼」を追加。

ゴハンはかなりアツアツです。
(ラーメンはぬるかったのにね ( ̄  ̄メ) )


柔らかい濃い味のチャーシューとゴマ油であえたネギが絶妙ですね ♪(* ̄∇ ̄)/

でもさすがに食べ過ぎて苦しい~( ̄Д ̄;;
満腹中枢のタイムラグって盲腸に次ぐ人体の欠陥だと思います (;´Д`)


以前にオススメも食べてましたよ ( ´∀` )

看板メニュー?の二郎系「極太にんにく醤油」ノーマルです。

インスパイア系なんで本家二郎とは全然違います。
個人的にはかなり甘い感じの醤油スープで見た目よりアッサリ
おろしニンニクと焦がしニンニクチップが味のアクセントになっています。


上記の「ブタ増し」です。

結構かためでパサパサですね。
ハズレの日だと80%脂身のお肉が出てきますよ? (;´Д`)

二郎はペロっとイケたんですが、コレはキツイ感じでした。

味を思い出す為に今度もう一回食べてこよう ( ´∀` )
お腹空かせてね (* ̄o ̄)


(2018.2.12追記)

もう一度詳しくレビューするために食べてきました c( ̄▽ ̄)

「極太にんにく醤油」850円野菜マシです。

なんか、以前の写真と比べると結構ビジュアルが変わってますね。

分かりにくいですが、ニンニクがスゴイ量です。
個人的に次回はニンニク少なめで注文しようと思います (;´・ω・)


ブロック状のゴロゴロしたチャーシューがてんこ盛りです。

この量でもノーマルです。
豚マシはヤバイ (;´・ω・)


デカイですね (>▽<)b

でもパサパサしていてジューシーさは有りません。

個人的にはあまり好きじゃないかも (;´・ω・)


名前の通り麺は極太です。

コシは少なく固めですね。

なんと麺マシも無料です!


スープは少し甘みのあるアッサリ醤油。
コクはなくざっくりした味。

コスパ重視です。

 

味に深みはなく、量重視のラーメンだと思いますが、野菜、アブラ、カラメはもちろん麺大盛も無料なコスパはスゴイ!(有料なのはブタマシのみ)

砂井さんの年齢では全部マシなんて食べられませんが、ガッツリ食べたい人にはオススメです。


営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*