WE SCAR-L GBBの押しゴム交換

やっぱGBB(ガスブローバック)ですよね~

WE-TECHのSCAR-Lですよ~ ( ´∀` )

撃ちごたえのあるガスブロならホントはSCAR-Hが良かったんですが、アッチは値段がお高いんで手が出ません (;´Д`)

正直言うとSCARはそんなに好きじゃない(AK派)んですが、安価作動性が良くソコソコ当たる海外製ガスガンは種類が限られているのです ( ̄▽ ̄;)

命中精度で言ったらVFC製のHK417とか最高なんですが、お値段も最高ですからね (;´・ω・)

WEというメーカーのガスブロって言ったらウチのSVDなんかもそーですケド、安価で作動性はイイんですが命中精度がウ〇コなの?って程酷くて「コレ、お座敷専用ですよね?(;’∀’)」と諦めるくらいなんです (;´・ω・)(個人的感想です)

でもこのSCARに限っては他のモデルよりさらに作動性の良いボルトキャリアで気持ち良く動き、命中精度もマルイのスタンダード電動ガンの70%くらい有るんでサバゲーでも電動ガン相手になんとか戦えます。


工具無しの通常分解でココまでバラせます。

今回はホップの押しゴムを交換するんですよ~ c( ̄▽ ̄)

以前ホップパッキンを交換したら、最大ホップで何とか0.25gBB弾にギリギリ調整可って感じだったんで (;´・ω・)


そんなに酷使していませんから、ボルトキャリアも全然キレイです c( ̄▽ ̄)

コレがまた非常にスムーズに動くんですよね ( ´∀` )

このスムーズさはVFCのHK417には無いですよ。
アレはゴリゴリなんで (;´・ω・)


WEのSCARはアンダーレールのボルトでアウターバレルを固定しています。

前後2カ所のボルトを6角レンチで緩めます。
コレでアウターバレルの固定は外れるんですが↓


アウターバレルを外すには、このサイドレール前方のトルクスを緩めないといけません。

一番前のヤツだけです。


SCARには幾つかトルクスが使われているんですが、この様にスプリングが内蔵されて抜けない仕様です。


するとこのアンダーレールを固定しているステーが取れますんで、やっとアウターバレルを外す事が出来ます。


そのまま前方にスルスル~っとね。


チャンバーを固定している矢印のトルクスもスプリングと抜け防止になっています。

左右で4カ所外してチャンバーを前方にズラします。

写真の切り欠きの広がっているトコまでね。


ここからヨッコイショと引き出しますが、左右のクリアランスがキツキツなんで注意です。

ココまでの分解で緩めるボルトは全てネジの噛み合わせが浅いんで、組み立てる時のボルトの締め付けトルクに注意ですよ。


この小さいイモネジを緩めればチャンバーが後方へ抜けて外れます。


あとは簡単。小さい+ネジを精密ドライバーで緩めればチャンバーが左右に分解出来ます。

写真は有りませんがチャンバーパッキンはマルイのGBB(VSR)互換です。
でもインナーバレルは切り欠き位置が違うので専用品ですね (;´・ω・)

WEのチャンバーはモデルが違うと少しカタチが違うんですが基本的な構造は一緒です。


硬いWE純正のパッキンの押しゴムを、右のカットした”なまず”に交換しました。
カットが汚いね (;´・ω・)

直径が僅かに大きいのでパッキンの張り出し量が増えるのと、柔らかいのでホップを安定させる2つの意味で交換しました。

この変更が正しいのかは分かりませんケドね (;’∀’)


試射するとホップの掛かりはイイ感じです c( ̄▽ ̄)

でもこのSCARは排莢口が小さいんで、ホップ調整には細いドライバーみたいなの必須ですよ~ ( ´∀` )


このSCARはノーマルがショートバレルでファ〇キン (`Д´)


当然エクステンションバレルで14.5インチに伸ばしています。

砂井家の家訓で長モノでバレルが10インチ以下の銃使用禁止なんです ( ̄- ̄)


でもタマにQougarハイダーでマズルフラッシュとかして遊んでますケドね。

やっぱシアーの感触とかトリガーのキレとか鋭いリコイルとか、ガスブロはイイですねぇ ( ´∀` )

早く暖かくならんかな~ c( ̄▽ ̄)

早くG2ブッ〇さないとね (* ̄∇ ̄)

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*