ストームブレイカーの燃料別比較

使用燃料ごとに水の沸騰時間を比較してみた。

休暇中、三条のWESTで衝動買いしたSOTOのSOD-372 ストームブレイカー。

ガソリン(ホワイト&レギュラー)orガスの両対応が売りなSOTOの新製品。

しかしね、どうにもガスでのパワー不足を感じるのよね (;´・ω・)

そこで実際はどんなもんなのか?と検証してみました (`・ω・´)


各燃料での違いを比較するのと、参考としてSOTOのST-310レギュレーターストーブ(1番左)も参加。

ST-310はCB缶仕様のバーナーではかなり優秀だと思います。


ユニフレームの山ケトルでペットボトル1本分(500 ml)の水を沸騰させる時間を測定します。

完全にボコボコ沸騰するまでを計測しますが、沸騰の判断基準は砂井さんの心眼ですので数秒の誤差は有るかと思います ( ̄ー ̄)ニヤリ


ケトルに水を入れて準備完了 (`・ω・´)ゞ

あ、気温は26℃ですよ~ ( ´∀` )

蒸し暑いですよ~ (;´Д`)


まずはガソリンから計測。

日石のホワイトガソリンです。

ポンピングでダクったわ (;´Д`)


タイムスタートです! (`・ω・´)


ここまで完全にボコボコと沸騰するまでの時間を測っています。


2分9秒か (* ̄- ̄)

500 mlの水を沸騰させるのにはまずまずの時間ですか?


計測が1回終わるごとに流水で冷却。

薄いアルミ製なので蓄熱による誤差は殆ど無いと思います。


スノピの金缶は新品なんでプロパンです。

ガソリンより明らかに炎の勢いが弱いわ~ (;´・ω・)


でも2分19秒か (* ̄- ̄)

見た目では炎の高さがガソリン使用時の半分位だし、燃焼音も小さいのでもっと遅いかと思ったらそうでもないですね。


続いてのエントリー。

SOTOのOD缶に入っていますが、中身はユニフレームのプレミアムガスなのでイソブタンです。


プロパンより約25%ダウン。

炎が明らかにショボイしね (;´・ω・)


最後はノルマルブタン

当然期待していません (;´・ω・)


大分遅いね (;´Д`)

まぁ、予想通りなんでこんなもんですわ (;´・ω・)


ここでゲストバーナーさん登場。

ST-310 レギュレーターストーブです ( ´∀` )

CB缶仕様ですがSOTO御自慢のマイクロレギュレーター搭載のスゴイ奴。

ヒーターとは全く違うアプローチで寒さに弱いCB缶の弱点を補っています。

CB缶なんで使用燃料はもちろんイソブタン(100円ガス)ですよ~ c( ̄▽ ̄)


この間作った風防が赤熱してますね。

風除室なんで無風ですが (* ̄- ̄)

(燃焼音じゃなく)ガスの放出音がいっぱいガスを出してる感じの音がしてました ( ´∀` )

 

ST-310の自作風防についてはコチラ


で、時間はっと、

・・・( ^ω^)・・・

(゚△゚;)え?

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ

マジか? (;´・ω・)

ガソリン使用のストームブレイカーより早いんですケド? (゚Д゚;)


怒りの追加検証 (#´∀`)

もうココまで来たらとことんイキマスよ?

ユニフレームのUS-D テーブルトップバーナーです。

耐荷重15kgでダッジオーブンも楽勝なゴツイ奴。

本体も900gとヘビー級 (;´・ω・)

バーナーヘッドは大きいですが、ヒーター等は無しのCB缶仕様です。


結果は2:50.92です。

大きなバーナーヘッドの割にST-310より遅いね (;´・ω・)


コールマンのスポーツスターⅡ 508Aも参加、ってか手持ちのバーナー全部出してやったわ (* ̄- ̄)

もちろんホワイトガソリンですよ。

コイツも960gと重いし、かつデカイ (;´・ω・)


タイムは2:12.7でガソリンはやはりパワーありますね。

ストームブレイカーとほぼ同じタイムです。


結果発表です(スマホは横にして)

(気温26℃ 湿度68% 無風)

SOD-372
ストームブレイカー
ST-310
レギュレーターストーブ
US-D 508A
スポーツスターⅡ
ガソリン  2:10  2:13
プロパン  2:19
イソブタン  2:59
ノルマルブタン  3:45  2:08 2:51

レギュレーターストーブの性能ヤバくね? (゚Д゚;)

1番低圧なノルマルブタンでこのタイムなの? (;’∀’)

ST-310は低圧なCB缶ガスの使用が前提な分、ガスの流量を多くしている印象。

ストームブレイカーは逆にガスの量が少ないセッティングなんだと思われ (* ̄- ̄)

主役のストームブレイカーは低圧ガスでのパワー不足が目立ちますね。

ストームブレイカーはプロパンまでなら問題無く使えそうですが、イソブタン以下では他のバーナーの方が全然優秀 (;´・ω・)

まぁ、オートキャンプ向けバーナー冬の山岳用?バーナーを比べても比較になるのか分かりませんが、一定の性能評価には出来るかな?

 

あくまで気温が26℃の話なんで寒くなったらまた違う評価かも知れませんが、ガス使用ではそんなに変わらないかも。

高価なストームブレイカーですが、この結果に少しガッカリした砂井さんでした (;´・ω・)


番外編(ガソリンバーナーの弱火)

ガソリンバーナーはガスと違って火力調整が出来ない(調整幅が少ない)モデルが多いのです。

番外編ではガソリンバーナーでドコまで火力を下げられるか実験してみました。

同じ量の水を沸騰させるのにどれだけ時間が掛かるのか?を検証したのです。
(沸騰に掛かる時間が長い程火力を下げられるって事よ)

ストームブレイカーを最小火力にします。

気温やボトル内圧で変化するのでバルブのマークは参考程度に。

もちろん継続して燃焼出来るのが前提の下限です。


ボボボーボ・ボーボボって不安定な音がしますが燃料は続いています (;´▽`)


6分41秒で沸騰しました。


この最小火力から、


いきなり全開にしても安定して燃焼しています。

ガソリンバーナーとしては文句無しの操作性ですね ( ´∀` )


比較対象はスポーツスターⅡ 508A。

コイツは最初、全開onlyで火力調整が出来ないと思っていました。

バルブを絞っていくとダメなんですね。
バルブを一度閉じて、開ける方向なら(少しの範囲で)調整可能です。

スポーツスターⅡの記事はコチラ


508Aも限界の弱火です ( ´∀` )


結果 (* ̄- ̄)

SOD-372
ストームブレイカー
508A
スポーツスターⅡ
ガソリン  6:41  5:44

シンプルな結果です。

ストームブレイカーの方が(若干ですが)弱火に出来るって事よね?

単なる時間だけではなく、火力調整にコツの必要な508Aと違い、ストームブレイカーは誰でも簡単に調整出来るのは評価出来ますね c( ̄▽ ̄)

 

後はね~、
ガスの流量がもう少し出ればね~ (´;ω;`)ブワッ

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*