コールマン286Aに自作ゲージ

圧力ゲージね (>▽<)b

なんだかんだで買ってしまったコールマンのガソリンランタン、

「286Aワンマントルランタン」です。

今までは、
100円ガスがーとか、ガソリン怖いーとか言っていましたが、

●一斗缶で比較的お安くホワイトガソリンをGET可能(330円/㍑くらい)
●元々メカニックの砂井さんは燃料系の扱いは慣れている。
2500ノーススター(ガス)のドロップダウンがガマンならん。
●青森はもう寒い (;´Д`)

とか理由はイロイロあって、
ケロシンランタンと最後まで悩みましたが最終的にガソリンにしました。
ケロシンランタンにしなかったのは、

●燃料が臭い
●プレヒートが嫌(;´Д`)
●ジェネレーター周りのメンテは最小限で(ケロシン系は煤とか凄そう)

とかが理由です c( ̄▽ ̄)


ガソリンランタンって言ったらポンピングですよね?

でもなんかポンピングの基準がね、欲しいのですよ ( ´∀` )
個人で圧力ゲージを自作して売っている人も居るんですが、

●4800円前後と高い
●ゲージの径がデカイ
●ゲージの目盛りが広すぎ

という理由でこの手のは却下 (・ω・)

で、他人様のブログを参考に自作ですよ~ ♪(* ̄∇ ̄)/

ランタンの純正フィラーキャップ(燃料キャップ)ですよー ( ´∀` )


圧力ゲージも購入。
SMC製のG33-3-01です。

Φ30(30mm) 圧力レンジ0~0.3MPa
必死にポンピングしても0.25MPa位なんで丁度いい。
売っているのは1.0MPaとかですからね。


ネジは埋込型口径R1/8。
ストレートタイプでピッチは1.0mmだそうです。


コイツでネジ穴を開けます。
しかし通常M10ネジはピッチ1.25~1.5mmなんですが、
コレは1.0mmなんです。
小さいホームセンターでは売っていなくてAmazonで取り寄せました (;´Д`)

下穴は9.0mmです。


フィラーキャップをフライス盤で加工します。


ギューイーン( ´∀` )
あ、もちろん9.0mmのドリルですよ~


思ったより柔らかい素材ですね。
真鍮ですよね?


二つ共ね (・ω・)b


次にタップ切り。
コレも軽く開きました。


( ̄ー ̄)ニヤリ


最後にシールテープ巻いて締め付けます。

最初は圧漏れしましたが、シールテープ2重にしたら止まりました (*’-‘)b!


完成 ♪(* ̄∇ ̄)/

ギュポフレックスのガス漏れ検知剤で最終漏れチェックして (≧∇≦)b OK


結構ポンピングして0.24MPaです。

メカニックの砂井さんは目安がハッキリした数字の方が安心できますし、
追加ポンピングの目安にもなって (*`д´)b OK!


さらに、


ゲージを付けたまま収納可能!!

コレを使いたいから早くBBQしたいわ~ (;´・ω・)

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*