いきなりガスランタン比較!

ユニフレームの真実を暴く!?

今回のネタはアウトドアの友、ガスランタンです。

ランタンとかバーナーとか火器って漢ゴコロを鷲掴みしますね( ´∀` )

今回の生贄は、ナチュラムさんとかでも評価の悪い
ユニフレームのガスランタン「UL-X」さん(赤いヤツ)です。
アルミボディで加工精度もよくカッコイイヽ(  ̄▽)ノ

でもなんか、「スペックよりぜんぜん暗い」って聞きますね。
個人的にはユニフレーム好きなんですがね、地元だし💦


それで、用意したのが照度計( ´∀` )


曖昧な人間の主観に頼らず、無慈悲な数値でバッサリやれます!(*`д´)b

コレだけの為にAma〇onで買いました。(;’∀’)


知人から借りたUL-X(中央シルバー)と、
ライバルで評判のいいSOTOの「ST-233」(右)を使って、色々試してみます。
モチロン、計測条件は揃えてあります。


室温20℃ 湿度43% 距離30cm クリアホヤ 100円ガス

(スマホは横にしてね)

UL-X
リフレクター無し
UL-X
リフレクター有り
ST-233
リフレクター有り
照度(lx) 320 lx 640 lx 840 lx
30分後 変化なし 変化なし 700 lx
60分後 変化なし 変化なし 変化なし
ガス缶結露 無し 無し 無し
音(主観) 普通 普通 UL-Xより煩い
燃費(メーカー値) 5時間 5時間 3.5時間

イロイロすっ飛ばしていきなり結果です。ガスは同じ100円ガスです。

プレミアムガスとかCB缶の利点の無いガスは論外(それならOD缶使うわ!)

全て新品のマントルで計測してます。(ブースター付きなんでガス缶は冷たくなりませんね。)
この計測結果だと、明るさの違いは単純に燃費の差だと思います。
(メーカー公称値とは違いますが)

音も大分SOTOの方がウルサイしガスをたくさん使っている印象(;・∀・)

この結果ならそんなに大差無いし問題ない?(燃費とのトレードオフ)


いや、在りました。問題(;・∀・)

なんかUL-Xって暫く使ってるとマントルが黒ずんできて、
関連性は不明ですがそのせいか照度が激減する事があるんですよね。

ボー!って大きな燃焼音がすると思ったら、
マントルはオレンジの光でダルマストーブ級の暗さに(;´Д`)

それも一度や二度ではない。もしかして、本体ではなくマントルに問題が?


禁断のマントル交換(モチロン保障外)

今度はマントルごとの計測です。ホヤ、リフレクター無し、距離15cm

UL-X
純正マントル
UL-X
SOTOマントル
ST-233
SOTOマントル
照度(lx) 480 lx 840 lx 1120 lx

ゴミか!ユニフレーム純正マントルは!!(`Д´) ムキー

ちょっとサイズ小さいけどSOTOのマントル使おう(自己責任でね) (;´・ω・)
結局ユニフレーム純正マントルが原因ってことで。


って、アレ?

SOTOのマントルも黒くなってきたんですケド(;´・ω・)

なにコレ、呪いなの?( ;∀;)

 

(2017.8.5追記)
「プレミアムガスだと黒くならず問題ないかも」との未確認情報もありました。
コレが事実だとしても”高価なプレミアムガスでしか正常に使えない”というのは(メーカー保障外ですが)この商品を購入した理由”安価なカセットガスを使える”から外れてしまうので個人的に却下です。


結論としては、SOTOのST-233スゲー!!ってコトで。
欠点は少し音が大きい事とガス量の微調整が出来ない事かな?

価格も安いし性能もイイ、でもデザインがイマイチ(;´・ω・)
本体も樹脂で安っぽいしデカイ

SOTOは全製品に言えるケド、デザインセンスがね。チョットね(;’∀’)

逆にユニフレームのはカッコだけって事か( ̄Θ ̄;)

でも、ランタンは性能重視なんで火器はSOTOで揃えるかな(  ̄っ ̄)

 

(2017.7.3追記)
UL-Xはオクでドナドナしてやりました( ´∀` )


無意味にランタン点けて、マッタリ(*´ω`)
夏場とか室内で一杯やる時、雰囲気イイです。(換気しないと死ぬよヽ( ̄▽ ̄)ノ)


おまけ

ウチのリビングには常夜灯としてアダプタ接続

「コールマン バッテリーロック™ LEDノスタルジアランタン」

が鎮座してます。明るさ調整出来て雰囲気もイイですよ~(*´▽`*)
燃費悪くてバッテリーじゃ運用する気ないですが、インテリアライトとしては優秀。

 

いきなり!ガスランタン比較 その2へはコチラ

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*