SVUプチ改造

以前復活したASP製SVUですが(;´・ω・)

このピコ太郎PPKKA、まさに中華パチの面目躍如。

ドットは薄くて見にくくて晴天時はドット探しに夢中 (;´Д`)
調整幅もギリギリ。

最大の不良個所は原因不明のバッテリー損耗。

新品の電池でも、ゲームしてると10数分でドットが消えます。

これは使い物にならない ( ̄へ ̄|||) ウーム


そこでジャンク箱漁って見つけた”東京マルイ製AKサイドマウント”を改造。
ハンド工具で目測加工なんで汚い (;´・ω・)

途中をぶった切ってボルト締めしてます。

あまりに適当工作で見た目が悪いので作成中の写真はありません。


塗装して銃本体に取付け。
サイドマウントは破損して機能していないんで、前回同様ボルト締め。

今回は強度アップの為、ボルトは4カ所です (* ̄∇ ̄)


オリジナルのリアサイトとのクリアランスもバッチリ。


後方から撮影。
若干左寄りなのもロシア純正っぽくてステキ!


ちなみに正面から見たSVDとPSO-1。

左寄りなのはロシアの伝統なのか。


塗装したらぱっと見、そんなに汚いくない?

ミスって開けた穴とかキズはエポキシ樹脂で埋めてます ( ´∀` )


スコープはノーベルアームズのTAC-ONE。

なんとなく”近代化改修された”っぽく見えるかな?

さすがスコープの性能はRSのPSO-1より全然イイ感じ!
あっちはレティクル薄くてダメよ。

これでしばらく戦えるか?
あ、重量はスコープが重いんで増えてますよ。

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*