ガソリンランタンの明るさ比較

コールマンのガソリンランタン3兄弟です。

自分で購入した286Aワンマントル(左)290Aツーマントル(中)、そして知人から借りたノーススター(右)です。
すべてホワイトガソリン仕様。

コールマンのガソリンランタン現行機種が揃い踏みですね。

これは明るさ比較せねば!(`・ω・´)


相変わらず使うのはコイツ。
値段の割に良くできてます (*’-‘)b

ちなみに外光と蛍光灯で102 lx


今まではトイレットペーパーの芯で周囲の影響を受けないようにして、
近距離からマントル部のみを計測していたんです。

ちなみに外光の影響が少なくなって85 lx


この方法は、↑みたいに似たような構造のランタンには良かったんですが、

今回の比較対象のようにマントルの数や形が異なる場合、
実際の見た目と測定値が違う事に気が付いたのです。


つまり、今までの測定範囲はこのマントル部のみでしたが、


今回はもっと広範囲の、
照らされた周囲の明るさを含んだ数値で比較します。


エントリーNo.1
286Aワンマントルランタン

●明るさ:約200CP/130W相当
●燃料タンク容量:約590cc
●燃焼時間:約7.5~15時間
●本体サイズ:約φ16×31(h)cm
●重量:約1.4kg

文字通りマントルは一つ。
コールマンでは中型ランタンになりますが、現行機種では実質最小モデル。
手頃なサイズと十分な明るさで人気ありますね c( ̄▽ ̄)


エントリーNo.2
290Aパワーハウスツーマントルランタン

●明るさ:約300CP/190W相当
●燃料タンク容量:約940cc
●燃焼時間:約7~14時間
●本体サイズ:約φ18×35(h)cm
●重量:約1.8kg

マントルは2つですが、286サイズのツーマントルランタンである285や288の中型ランタンと違い、コチラは大型ランタンの部類に入ります。
もちろん286Aより明るいですがマントルが2つだからって2倍の明るさではない (;´・ω・)

個人的には一番のお気に入り ♪(* ̄∇ ̄)/


エントリーNo.3
ノーススター・チューブマントルランタン

●明るさ:約360CP/230W相当
●燃料タンク容量:約940cc
●燃焼時間:約7~14時間
●本体サイズ:約φ17.3×34.3(h)cm
●重量:約1.8kg
●機能:点火装置

チューブ型マントルで表面積が広くて明るい。
コールマンのガソリンランタンとしては最新のモデルです。
ダントツの明るさを誇り、スタイルもやや近代的?になってます。


まずは借り物ノーススターにマントル付ける。

知人から借りたノーススターはガソリンこそ入っていましたが、
マントルが付いていません (;・∀・)


借してくれたお礼に、
自前で持っているガスノーススターのマントルを付けてあげよう c( ̄▽ ̄)

隣の妙な人形は、
ウチの奥さんがヤフオクでGETして狂喜乱舞している東〇薬品の「徹子さん」人形。
「ジェネリックで!」とかCMっているアレです。

なぜか一緒に写真撮って欲しいと言われて (;´・ω・)


新しいマントルを付ける時の注意点として、
この火花を飛ばすイグナイターにマントルが触れないようにしましょう。

イグナイターに引っ掛かった状態になると上手く火花が散らなくなる場合があります。


カラ焼き~ c( ̄▽ ̄)


ファイヤー!( ̄▽ ̄)δ

これで準備完了ですね。


いよいよ計測です (`・ω・´)スマホは横にして

距離1m、無風、タンク圧0.22Mp
(300CP(キャンドルパワー)でロウソク300本分とかいう分かりにくい感覚的な単位とはおさらばです)

照度(ルクス)
(距離1m)
ノーススター比 マントル部
(距離30cm)
286A
ワンマントル
197 lx 57.4% 1034lx
290A
ツーマントル
297 lx 86.6% 1735 lx
ノーススター
チューブマントル
343 lx 100% 1342 lx

点火して5分間放置した後測定しています。
10秒に一回数値を記録して1分間(6回)の平均値です。

順当な結果ですね。
マントル部の数値は後述 (。´・ω・)?


結果の検証 (゚ー゚*?)

286Aワンマントルランタン

なんか写真だと大分白く見えますが、実際は↓の290Aと同じ暖色です。
197 lxと3台中最も低い数値ですが十分な明るさです。
コレをメインランタンとして使う人が多いのも納得ですね c( ̄▽ ̄)

明るさよりも上下方向に明るさの死角が多いのが少し気になりますね。
この辺が数値の低さにつながっているかもですが。
また、実際の照射範囲はバーナー部やジェネレーターの影が結構でますね。

手頃なサイズと重さで平均値は高いランタンだと思います。


290Aツーマントルランタン

写真の色合いの違いはカメラの自動補正です。
297 lxはノーススターに迫る数値。実際も遜色ない明るさです。

マントルが2つなので部品の影になる部分が1番少ないです。

286Aよりデカくて重いですが、そもそも持ち歩くモンでもないんで c( ̄▽ ̄)
マントルを2つ使う分、コストは高いですがその他のパーツやジェネレーターとかは大差ないんで実際はそんなに変わりませんね。マントル代だけ。

燃費はノーススターと同じ位です。
つまり286Aの2倍燃料使います (;´・ω・)

イヤー、やっぱカッコイイ !!(≧∇≦)b


ノーススターチューブマントルランタン

343 lxで予想通りトップです。
実際はこんなに白い光ではありませんが、他の2つよりは白い光です。

バーナー部の影がありますが、それを補って余りある光源の広さ ( ´∀` )

やはり表面積の多いマントルと大きなグローブが強みか。
ヨコに張り出し過ぎないベンチレーターも照らす範囲が広い要因と見た (`・ω・´)

実際に肉眼だと290Aツーマントルとそれ程明るさに大差無い感じなんですが、周囲を照らす範囲は間違いなくコレが一番!
発光色が他のモデルより少し白いので、さらに明るいと感じるのかな?


気になるマントルの照度

各ランタンのマントル部の照度は、
290Aツーマントルランタンがノーススターを抑えてトップです。

しかも僅差ではなく圧倒的な数値です。
最初なにかの間違いではないかと数回計測し直しました (;´・ω・)

そもそも今回の検証自体が「見た目の明るさとマントル部の照度が随分違う」という事から発しているのですケドね (・ε・。)

グーグル先生にイロイロ聞くと、
もともとルクスというのは「光に照らされた面の明るさ」を示す単位なんで、
本来は光源(マントル)を直接測るもんじゃないんだそーです (;・∀・)
でもルーメンなんて個人で測れないしね (- -;)

つまり、照度計の白いセンサー部分を照らしている明るさがルクスなので、狭い範囲なら290Aツーマントルの方が明るいが、周囲を照らす範囲はノーススターの方が広いので総合的にノーススターが明るいって事でイイのよね? (;´Д`)

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。


*